チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。

チェンマイ花博、惜しまれ閉幕

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2007.02.01 Thursday

 

予想以上の集客を果たしたチェンマイ花博最終日
1月31日夜、昨晩の閉幕セレモニーは夕方から始まり延々午後9時過ぎまで続けられました。ドイカムの山にはキラキラと光る電飾、メインのロイヤルパビリオン入り口に特設舞台が設けられ、関係者のスピーチやタイ舞踊、大掛かりな仕掛けのショー・スペクタクルが続き、最後は特大の花火が打ち上げられました。
hahahakuheimaku
この模様は11chでTV中継されましたのでタイのお住まいの方ならご覧になられた方も多いと思います。
会場には数万人の人が集まり、大変な混雑ぶりでした。

チェンマイの花博、惜しまれて閉幕、引き続き恒例チェンマイ花祭り開幕、チェンマイのお祭りは続きます

 

チェンマイ・花博 | Top

 

ジャパンフェスティバルの模様

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2007.01.14 Sunday

 

新年に入っても人出の衰えない人気のチェンマイ花博
13日から始まったジャパンフェスティバルに行ってみました。

ロイヤルパビリオンの見下ろせる小高い丘の上にあるグランド・アンフィシアターでこの日行われたのは沖縄伝統芸能。

ステージと客席の間にかなり距離があり、そのせいか最初は静かに進行していましたが、演者が舞台から降りて観客の目の前で演奏し始めると、客席も俄然ヒートアップ。
タイの人たちも演奏に加わるなど拍手喝采のステージとなりました。
客席前へ 太鼓と子供たち

沖縄芸能はこの日だけの開催。もっと沢山の人に見てもらいたい、と思わせる内容でした。
このアンフィシアターでは15日に「慶祝の舞(太鼓、連獅子)」17日に「十二単着付けショー」が行われる予定です。

一方、日本庭園もいつも以上に混雑。
庭園全景

縁日では法被を着た日本人会の方々がタイの人たちにけん玉独楽回しなどを指南し、見よう見真似で日本の遊びを楽しむタイの人たち。
その姿を見ているだけで嬉しくなってきました。
けん玉 飴細工
特に飴細工職人前には黒山の人だかりで写真を撮るのも一苦労でした。

この日はEXPO CENTER内の屋内展示出展ブースで、ロボットのムラタセイサク君のショーなども行われました。

ジャパンフェスティバルは17日まで開催
詳しいスケジュールはこちらでご確認ください。

 

チェンマイ・花博 | Top

 

本日開幕、ジャパンフェスティバル!

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2007.01.13 Saturday

 

国際園芸博覧会・ジャパンフェスティバル(1月13日〜17日)

チェンマイ花博・ジャパンフェスティバルの最新イベントスケジュールが発表になりましたので、こちらをクリックしてご確認ください。

logo2006cnx

期間中はメイン円形劇場(グランドアンフィシアター)だけでなく、日本庭園、日本国政府屋内展示出展ブース、関西庭園においても各種イベントが予定されています。

各ブースでのお楽しみ方は続きを読む、をクリックしてください。
続きを読む >>

 

チェンマイ・花博 | Top

 

チェンマイ花博・200万人目は日本人!

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2006.12.22 Friday

 

ラーチャプルックのプレス慰労パーティに参加したのですが、そこでビッグニュースを耳にしました。
本日12月22日、花博入場者が200万に達し、栄えある200万人目の栄光に輝いたのは日本人! スズキ・サカトシさん、57歳の男性です。静岡から旅行にこられているということでタイは3度目とのこと。
記念贈答品は開業したばかりのソフィテル・リバーサイドのスイートルーム宿泊券や花博マスコット人形など。
日本人にはうれしいニュースですね!

 

チェンマイ・花博 | Top

 

ホテル前に2階建てバス

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2006.12.20 Wednesday

 

昼間、チェンマイ市内をひっきりなしに走る2階建てバス、バス……
そして、夕方このような風景を、特にエコノミーホテル前でよく見掛けます(おそらくタイ人団体客)。スペースが無いのでホテル前に駐車したまま翌朝まで待機(日本ならこんなこと許されないのでは?)。
まさに超ハイシーズン、花博特需のもうひとつの風景でもあります。
エコノミーホテル

 

チェンマイ・花博 | Top

 

チェンマイ花博での心得

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2006.12.20 Wednesday

 

チェンマイ花博(ラーチャプルック国際園芸博)の最新事情、そしてちょっとした心得を写真でご紹介。

一際美しい花博のシンボルロイヤル・パビリオン。その横で水を撒く係りの人。雨が全く降っていないチェンマイでは水撒きは毎日の大切な作業、お疲れ様です。
水撒き

会場内移動バス待ちに長蛇の列。一度降りたら二度と乗れない? 
何度でも乗ることが出来ますが、30バーツと50バーツの2タイプがあるので、あえて高い方を選ぶのも選択かも。
バスに長蛇の列

会場内で目に付いたのが日傘。これは日中では大きな効果となるでしょう。日本からお越しの方も日傘、お忘れなく
日傘

 

チェンマイ・花博 | Top

 

チューリップを守れ!

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2006.12.18 Monday

 

ラーチャプルック・チェンマイ国際園芸博覧会の一番人気といえばオランダ庭園のチューリップ
でも、強い日差しで開幕早々全滅状態に。植え替えで見られない時期もあったのですが、今は少しでもチューリップを延命させようと写真のような日よけが用意されていました(12月15日撮影)。
「これじゃよく見えないのでは?」との心配も、特に人気には影響なし。相変わらずの黒山の人だかり。ひたすら写真やビデオを撮り続けるタイの人たちが印象的です。
turip

 

チェンマイ・花博 | Top

 

チェンマイ花博、日陰が一番?

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2006.12.16 Saturday

 

この週末も沢山の入場者が見込まれるラーチャプルック・チェンマイ国際園芸博覧会。
会場は平日午前でもタイ人団体観光客で溢れ返っています。でも昼間の日差しはタイの人でもキツい!?  一番人気は庭園ではなく日陰でしょうか。
日陰

 

チェンマイ・花博 | Top

 

新路線バス、大活躍

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2006.11.23 Thursday

 

花博では連日、噴水でのライトアップショーが行われることもあって閉園20時まで居るお客さんはかなりの数。会場を出た駐車場には団体観光バスが何十台も止まって見つけにくいのですが、チェンマイ市内に戻るときに活躍していたのが、白色の11&13番の路線バス(15バーツ)。会場出口からですと突き当たり一番奥のスペースに止まっています。
路線バス大活躍

----------------
CHAO 本紹介
「チェンマイ満腹食堂」―ウソなしレスランガイド 「チェンマイ満腹食堂」―CHAOオフィスでも販売中です!

 

チェンマイ・花博 | Top

 

花博への交通アクセス

カテゴリー: チェンマイ・花博 | 2006.11.21 Tuesday

 

チェンマイ国際園芸博への公共交通。白い市内路線バス(11,13番)やバンコクから借用したオレンジ色の大型バスの利用などいくつかありますが、おなじみの赤いソンテウ(ロットデェーン)も利用できます。
写真はCHAOオフィスのあるガート・スワン・ゲーオのバス停。セントラルデパート正面ではなく、オーキッドホテルの裏にある駐車場にあります。
このような出発場所が市内に13箇所用意され、会場まで一人25〜30バーツ(乗車人数によっても変わるようです)で。CHAO85号、86号に紹介記事あります。
kadbus

関連記事:チェンマイ田舎・新明天庵だより
園芸博 会場へのアクセス・アラカルト
園芸博・関連報道他

赤色ソンテウの出発場所13箇所は、続きを読む、をクリックしてください。
続きを読む >>

 

チェンマイ・花博 | Top