チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。

ロングステイの光と影 連載中

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2007.01.16 Tuesday

 

現在、CHAO誌上で不定期連載中コラムが「ロングステイの光と影」です。ちょっとしたヒントがあります。CHAOウエブサイト上で過去の記事を掲載しています。ぜひお読みください。

ロングステイの光と影

 

ロングステイ関連 | Top

 

注目されてます、タイ暮らし

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2006.09.20 Wednesday

 

中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術 
中高年、海を渡る。―退職後の海外のんびり滞在術
マレーシア、タイ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダに実際にロングステイしている人の体験記のほか、海外での楽しみ方や問題点など掲載。
特にマレーシアとタイは衣料や不動産事情など詳しく書いてあるので、この2つの国が気になる人には役立つはず。

 

ロングステイ関連 | Top

 

チェンマイ・ロングステイ その前に(5)

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2006.09.02 Saturday

 

主体的ロングステイへのチャレンジ

 チェンマイのロングステイが語られるときに、住居や買物、物価、交通の便などの生活居住環境のイロハが、前面に出てあれやこれやと語られています。たしかにそれらは居住の基礎環境として重要です。しかし、「その先にあること」がもっと重要ではなかろうか、とも思います。チェンマイ・ロングステイの成否は、無理せずにゆったりして、その上でいかに主体的なロングステイに持っていけるか、ではないでしょうか。




CHAO連載コラムロングステイの光と影
続きを読む >>

 

ロングステイ関連 | Top

 

チェンマイ・ロングステイ その前に(4)

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2006.09.02 Saturday

 

海外経験がある人とない人では

 日本の年配層で、海外旅行の経験がない人は少数派でしょう。それほど今の日本人は気軽に海外旅行を楽しめる、ありがたい状況です。ですが、年配層で短期から長期まで含めての海外生活(駐在)体験をお持ちの方は、全体から言えばほんのわずかではないでしょうか。チェンマイに来てロングステイにうまく適応し、定着させ、それなりに満足しておられる日本の方も確実に増えてきています。そしてそれらの方には、ある共通点がある場合が多い……



CHAO連載コラムロングステイの光と影
続きを読む >>

 

ロングステイ関連 | Top

 

チェンマイ・ロングステイ その前に(3)

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2006.09.01 Friday

 

増加する単身ロングステイ

 数年前からチェンマイ・ロングステイが脚光を浴びて、日本のTVや雑誌が競って紹介しています。日本の団塊世代の大量定年を見越して、タイ政府も日本のロングステイ関連業者と組んで、チェンマイをロングステイ先にしてもらおうと躍起になっています。その華やかなるチェンマイ・ロングステイをアピールしたい、TVや雑誌などの日本のマスコミ。そのために、紹介の意図に沿う定年退職のご夫婦をチェンマイで探す必要に迫られます。

 ところが、その典型的なご夫婦でのロングステイヤーが、考えていたほど多くないのです。となると、TVや雑誌に紹介されるご夫婦ロングステイヤーは、どこか他でも紹介されたような同じような顔ぶれにならざるを得ない。そして、その典型的な(理想的な?)夫婦のロングステイヤーは、日本でも十分に暮らせる経済基盤をしっかり持っている恵まれた方が少なくありません。

 つまり、日本ではぎりぎりの生活しかできないが、物価の安いチェンマイではなんとか余裕を持って暮らしている、というような、ご夫婦のロングステイヤーが、居そうで居ないのが現実ではないでしょうか。

そのように冷静になって、チェンマイのロングステイヤーの実態を振り返ると、ご夫婦での典型的なロングステイよりも、むしろ単身の、それも年配や老人男性のロングステイヤーが目立って多いことに気づかされるのです。



CHAO連載コラムロングステイの光と影
続きを読む >>

 

ロングステイ関連 | Top

 

チェンマイ・ロングステイ その前に(2)

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2006.09.01 Friday

 

まずはショートステイ体験を!

 チェンマイ・ロングステイとは、「物価の安いチェンマイで暮らしませんか?」と同義語になっているような気がします。
日本では一時(今でも?)、「田舎に来て自然の中で野菜を作ってのんびり暮らしませんか?」などと、過疎に悩む村などから、物価の安い田舎暮らしの呼びかけがありました。日本の田舎へ行くような感覚と、あくまで外国であるチェンマイへ行くのとは、それこそ雲泥の差があります。言葉も生活習慣も法律も何もかも異なる外国に、物価安だけ求めてのロングステイ暮らしなど数年、いや数ヶ月でおのずと限界が見えてくる場合が多いのではないでしょうか。猫も杓子もロングステイとの思い込みから、一歩離れて冷静になって考えてみるのも悪くはないでしょう。

「チェンマイとはどんなところなのか、現地で1ヶ月ほど滞在してみようか?」
 こんな軽い考えのほうが良い気がします。



CHAO連載コラムロングステイの光と影
続きを読む >>

 

ロングステイ関連 | Top

 

チェンマイ・ロングステイ その前に(1)

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2006.09.01 Friday

 

団塊の世代の一斉退職が始まる2007年、チェンマイを訪れ、そこに住む日本人の数は急激に増加するでしょう。
優雅でリッチなロングステイが謳われる一方で、生活費の安さだけを求め、年金移民などと揶揄されながらも様々な事情からチェンマイロングステイを選択される方も増えています。
このようにして、チェンマイを取り巻く、日本人事情はこれから急激な変化を遂げていくことは間違いありません。

チェンマイはその景色もどこか日本の地方都市を思わせるのどかさを持っており、日本人には落ち着ける場所として根強い人気があります。

チェンマイが多くの日本人にとって、素敵な場所でありつづけられるよう、そんな願いを込めてチェンマイ・ロングステイを再考してみます。



CHAO連載コラムロングステイの光と影
続きを読む >>

 

ロングステイ関連 | Top

 

ロングステイという選択、連載中

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2006.07.14 Friday

 

福岡を中心に九州で発行されている西日本新聞にて、ロングステイ関連の連載が始まっています。
ウェブサイトでも確認できます。
ロングステイという選択<1>決断 妻のリハビリ海外で
・ロングステイという選択<2>最期 異国で迎えた孤独死
・ロングステイという選択<3>急増 息苦しさからの脱出
バンコク、チェンマイでの取材を元にした連載で全7回を予定されているそうです。



CHAO連載コラムロングステイの光と影

 

ロングステイ関連 | Top

 

訪タイ日本人者数、ご存知ですか?

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2005.10.28 Friday

 

タイでは老舗のDIETHLEM TRAVELとBANGKOK POSTが共同で出した観光者の統計より。
2004年のタイを訪問した日本人の数は、1,182,067人。
傾向としては、女性が03年に比べて29.6%上昇したのと、初めて訪れた人が34.5%の上昇。その中にあなたも含まれているかも?
他の国の訪問者数、
米国が557,098人、
英国が628,679人(日本同様女性の数が増加とのこと)
中国は779,070人ですが、今年の伸びは凄いでしょうね。そのうち日本を超える?

 

ロングステイ関連 | Top

 

チェンマイ・ロングステイが報道特集にて

カテゴリー: ロングステイ関連 | 2005.04.03 Sunday

 

報道特集(TBS系17:30〜)にてチェンマイで取材された以下のニュースが放送されました。
老後の夢の海外生活・中高年を待ち受けるワナ
〜光と影・定年後の海外生活〜

61万9269人、これはいま海外でロングステイ(長期滞在)をしている日本人の数。この10年間で20万人も増加。特に50歳以上の中高年が増えている。

しかし、海外での不動産トラブルは続発。タイはもちろんマレーシア、フィリピン、インドネシアでも外国人は土地・家・所有不可。

「まもなく団塊の世代の大定年時代。もしロングステイをおくるなら十分その国の事情を調べて」とは、田丸美寿々キャスターの談。



CHAO連載コラムロングステイの光と影
続きを読む >>

 

ロングステイ関連 | Top