チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。

<< Thai Tribal Crafts Fair Tradeのアカ族の手工芸品セール | 最新 | ラオス・金三角経済特区に生きるミャンマー人たち  247号発行! >>

今日は三宝節(ワン・アーサラハ・ブチャー)

カテゴリー: イベント情報 | 2013.07.22 Monday

 



今朝の旧市街にあるお寺の様子です。
どこのお寺でも、信者の方が三宝節のお参りに集まっていました。

陰暦8月の満月の今日は、
仏教では釈迦が悟りを開き、
初めて弟子に説法を行った日とされています。
仏・法・僧の三宝の成立を祝い、
信者の人は早朝、お寺へお供えの料理や花を持っていきます。

夕方には各お寺で読経の後、ロウソクと花、線香を持って
仏塔(本堂の時も)を3周する「ウィアンティヤン」の儀式が行われます。

なお、明日は入安吾(カーオ・パンサー)です。

この日から暦上、雨季に入ると言われています。
約3か月後の出安吾まで、僧侶は外出を控え、
お寺で籠って修業に励みます。
この期間、短期出家をする男性が多いそうです。
お寺で使うものの中で、特にロウソクや蛍光灯などをお供えする人が多いので、
この時期、お寺に行くと、たくさんの大きなロウソクを目にすることでしょう。


チェンマイは、今年は雨が少なく、カーオ・パンサーを迎え、
本格的に雨季に入るこれから、
少しは雨季らしくなるのでしょうか。


朝は、白い服や伝統的な民族衣装など正装でお参りする人が多いです。
チェンマイにいらっしゃる方、
涼しくなる夕方、お寺に行ってみてはどうでしょうか。

 

イベント情報 | Top