チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。

<< ラオス・金三角経済特区に生きるミャンマー人たち  247号発行! | 最新 | 懐かしのランパーンへ  248号発行! >>

展覧会 写楽再見―200年の時空を超えて

カテゴリー: イベント情報 | 2013.08.04 Sunday

 


 
 歌舞伎役者の大首絵で有名な江戸期の浮世絵師東洲斎写楽を紹介する展覧会。
 写楽による「復刻版・写楽大首絵」(28点)、写楽に触発されたグラフィック・デザイナー28人が描いた「グラフィック写楽」(28点)、
そして、11人の現代美術作家による絵画・彫刻・陶芸・版画からなる「写楽へのオマージュ」(23点)の三部門で構成されている。
 写楽を通して、日本のグラフィック・デザイナーと現代の美術作家の個性的で優れた仕事の一端を堪能し、日本美術の過去と現在に思いを馳せてみてはいかが。

【期間】2013年8月6日(火)〜8月25日(木)9:00〜17:00 (月曜・祝日休館)
入場無料

※オープニングは8月6日(火)17:00〜

Thongchai Yukantapornpong氏(Department of Print Making, Fac. of Fine
Arts, Chiang Mai University)によるアーチストトークが行われます。

【場所】 チェンマイ大学アートセンター(地図K−6)

 

イベント情報 | Top