チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。

<< 野鳥の写真を撮るために必要なこと | 最新 | 野鳥の写真を撮るために必要なこと >>

野鳥の写真を撮るために必要なこと

カテゴリー: 特集のお話 | 2017.01.11 Wednesday

 

330号特集「野鳥撮影のススメ」の中で、

「チェンマイの野鳥」コラムのコラムニストであるKhun Marutさんによる

最近のカメラ事情や撮影テクニックについてのアドバイスを書いた原稿を寄せて頂きました。

本誌では掲載できなかった部分も含めた全文を数回に分けてご紹介します。

 

技術的な問題

 

野鳥撮影には500mm(相当)以上の望遠レンズが必須ですが、

例えば500mm(相当)のレンズでは

標準レンズ(50mm相当・人間の目の見え方に近いと言われています)に比べて

10倍の大きさの写真が写りますので、

撮影の瞬間にカメラが揺れると揺れも10倍になり、

写った写真はボケボケになります(カメラブレとか手振れとか呼んでいます)。

 

それを避けるために、

カメラが少々揺れてもカメラの内部がその揺れを打ち消すように動いて、

ブレの影響のない鮮明な写真が取れるような仕掛けを「手振れ補正メカニズム」と呼んでいますが、

近年その技術の進歩が著しく、

通常の明るさの下での記念撮影や風景写真においては

ほぼ完璧にブレのない写真が撮れる様になりました。

 

しかしながら野鳥撮影に用いる高倍率の望遠レンズにおいては

わずかなブレが大きく拡大されますので、

いくら高性能な手振れ補正装置があってもまだ充分ではありませんので、

撮影者は少しでもカメラを揺らさないように努める必要があります。

でも、そういうカメラを上級者が使えば2000mm相当

(標準レンズに比べて40倍大きく写ります)のカメラでも、

手持ち撮影が可能になります。

 

50mm相当   

 

1400mm相当

 

つづく

 

筆者のブログ

Khun Marut(タイ語でマルさん)のタイ日記

 

特集のお話 | Top