チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。

<< 森の住職パイサーン師が説く、今ここを生きる智慧(407) | 最新 |

よが行者よーさんの極意 ヨガで不老長寿を目指す (406号)

カテゴリー: - | 2020.04.24 Friday

 

免疫高めて病知らず美人の巻(12回)

 

「よが行者よーさんの極意 ヨガで不老長寿を目指す」は

毎月1ポーズ、チェンマイの季節にぴったりの

ヨガのポーズを教えてくれるコラムです。

今回は、煙害被害の酷い暑季のチェンマイにお住まいの方々にぴったりの

「鼻うがい」について、よが行者よーさんに教えてもらいます。

 

写真 づん(セイクリッドハートヨガ講師)
 

 

世界的な新型コロナウィルスの流行に加えて

煙害によるPM2.5の影響で、マスクが手放せません。

こんな季節におススメしたいのが

ヨガでジャラ・ネティと呼ばれる「鼻うがい」。

鼻うがいは通常の喉うがいでは届かない喉の奥を洗浄し、

特にウィルス、花粉、ホコリなどのアレルギー成分が付着して

炎症を起こしやすい上咽頭の洗浄が行えます。

鼻をかんでも出てこない粘り気のある鼻水は鼻の奥に溜まり、

ともするとそこから膿となって副鼻腔に溜まり、

蓄膿症に発展してしまうこともあるから侮れません。

 

またヨガでは鼻と脳は密接な関係を持っているので、

鼻を浄化することで

「脳がリラックスし、意識がクリアになり、

エネルギーが通りやすくなるので瞑想の達成を助ける」と言われています。

5歳の私の息子もこの季節は咳と鼻水で夜も眠れない状態でしたが、

鼻うがいをしてからは症状が無くなり快適快活になり、

効果を実感してからは、

自主的に行うようになったから凄いものです。

 

●用意するもの

  • 約500佞里未襪淌鬚北4.5gの塩を溶かす(お湯は体温と同じか少し温かめ)
  • 鼻うがい用のコップや専用のポット
  • ティッシュやタオル

 

●鼻うがいのやり方

  • 頭を45度から90度程度に傾ける。
  • 容器の口を上の鼻の鼻孔に挿入する。(口呼吸)
  • 角度をあわせて下の鼻孔から液体を流しだす。
  • 反対側でも同様に行う。
  • 優しく鼻をかんで最後まで水を出す。

 

●注意

  • 水道水をそのまま使わずに必ず煮沸。(感染症予防)
  • 鼻うがいの容器は清潔なものを使用し、必要に応じて煮沸。

 

※最近は鼻うがい用の生理食塩水も市販されていますから、やりやすい方でお試しください。

 

 

●筆者プロフィール 

東京でヨガインストラクター育成に従事。お笑い芸人だった経験を活かし、愛と笑い溢れるレッスンに定評あり。

 

 

- | Top