チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。

<< CHAO57号 | 最新 | CHAO58号 >>

チェンマイ・マンダレーバーでライブ

カテゴリー: チェンマイ・話題ほか | 2005.08.26 Friday

 

北タイでドントリー/SEK LOSO live in Mandalay Bar
セークマンダレー (CHAO57号より転載)
チェンマイに大物セークがやって来た! 
会場は昨年できたというMandalay Bar。ターペー門から徒歩数分。ファラン(白人)が一杯のゲストハウス群近くで超便利な場所です。
店内も広く数百人は収容可能、DJブースに広いステージもあり。総勢20名余のマンダレーバンドの演奏が楽しく、今時のヒット曲をノンストップ演奏、そこにシンガーやらダンサー(SEXY!)が入れ替わりに現れ、セークの開演時間までを盛り上げてくれます。BKKのダンスフィーバーやHollywood等に通い慣れている方も違和感なくイケるお店だと想います。こんな手軽なスポットがチェンマイにあったとは。
そして23時40分、セークのステージが開演です。
最新譜「THE COLLECTION」の1曲目♪チャン・マイ・サム・ウーイで幕開け。ハードなギターがグイグイ引っ張る曲ですが...チェンマイのお客さん、思いのほか静か。
「ノリ悪い?」と不安が一瞬襲うも、3曲目の♪オンプラマープットでその心配が杞憂に、言わずもがなこの曲はスーパースター・トンチャイとのコラボで「知らないタイ人は居ない」と断言できる昨年最大のヒット曲。当然観客大合唱、つかみはOK。次がこれも「知らないタイ人が居たら筆者が陳謝します」と言い切れるLOSOの代表曲♪ソムサーンで観客乱舞! 
いやー、セークのLIVEは何選んでもヒット曲のオンパレードになってしまいますネ。
サポートは3人でギターがタイ人(腕達者)ですがドラムとベースがファラン。欧米公演を乗り越えたセークの自信と余裕が溢れた良いLIVEでした。単純にセーク、カッコいい。ハードな♪パンティップのあとにひとり生ギターを抱えて(ファランも大合唱の)あの洋楽をカバー! 曲名はあえて内緒にしますので、あとはご自身の目でお確かめください。

予想外の2時間近い公演、深夜1時半過ぎ帰路につく足取りも軽く、今後もマンダレーで行われるイベントは要チェックでしょうか。
マンダレー・バー 電話.053-208395

文・匠武士 タイで想う日々

 

チェンマイ・話題ほか | Top