チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。

<< 総領事館情報(鳥インフルエンザの流行状況(2008年11月)等) 転載 | 最新 | 「水族館へ行きませんか?」CHAO134号、発行です! >>

総領事館情報(スポット情報) 転載

カテゴリー: 大使館・総領事館情報 | 2008.11.07 Friday

 

在留邦人の皆様

本日付けで、スポット情報が発出されましたのでご連絡いたします。安全対策の参考として下さい。

在チェンマイ日本国総領事館

===========================
2008.11.07
    〜渡航情報(スポット情報)〜

          (件名)タイ:タイ南部治安情勢の悪化について

(内容)
1.現在、タイ南部4県(ナラティワート県、パッタニー県、ヤラー県及びソンクラー県)では、繁華街、市場等を含む様々なエリアにおいて、当局と反政府過激派との間の衝突、当局及び民間人に対する襲撃事件、学校等に対する放火事件、車両やバイク等を利用した爆弾事件、鉄道等の公共交通機関に対する破壊工作等が頻発しており、治安が悪化しています。

2.最近では、11月4日、外国人の被害はなかったものの、ナラティワート県スキリン郡庁正面に所在する市場においてバイクに仕掛けられた爆弾が2回連続して爆発し、死者1名、負傷者71名が生じる大きな爆弾テロ事件が発生しています。
 このような爆弾テロ事件や公共交通機関をねらった破壊工作等においては、日本人を含む外国人も被害に遭う可能性があります。例えば、2006年9月にソンクラー県ハジャイ市の中心部6か所で爆弾爆発事件が発生し、カナダ人が死亡したり、2007年5月にはヤラー県ヤラー市の殺人事件現場で時限爆弾が爆発し、オーストラリア人カメラマンが負傷するなど、外国人が事件に巻き込まれるケースも発生しており、非常に危険な状況です。

3.これらの連続する事件に対して警察・軍当局は、厳重な警戒態勢を敷き徹底した取締りを行っていますが、現状では依然、事態が鎮静化する兆しはありません。なお、これら地域には、引き続き部分的に戒厳令及び夜間外出禁止令が発令されています。

4.つきましては、このような状況を踏まえ、この地域に渡航・滞在を予定される方は、時期の如何にかかわらず、渡航の是非を含め自らの安全につき真剣に検討し、不要不急の渡航は延期されることをおすすめします。また、タイについては危険情報が発出されていますのでそちらも御参照ください。
なお、爆弾テロ事件に関しては、以下も併せて御参照下さい(パンフレットは、http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.htmlに掲載。)
(1)2008年6月27日付け広域情報「爆弾テロ事件に関する注意喚起」
(2)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」


(問い合わせ先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://www.anzen.mofa.go.jp/i/(携帯版)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人保護)
 FAX :(66-2)207-8511
○在チェンマイ日本国総領事館
 住所:Suite 104-107, Airport Business Park, 90 Mahidol Road,
    T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand
 電話: (66-53) 203367
 FAX : (66-53) 203373
==============================

 

大使館・総領事館情報 | Top