チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。

<< 【通報】大使館からのお知らせ(新型インフルエンザ) 転載 | 最新 | 「知られざる遺跡ウィアンターカーン」CHAO150号、発行です! >>

【通報】大使館からのお知らせ(新型インフルエンザ) 転載

カテゴリー: 大使館・総領事館情報 | 2009.07.07 Tuesday

 

タイ在留邦人の皆様へ【大使館からのお知らせ】緊急一斉メール

〔本日のポイント〕
 タイ国内で死亡・感染者が増えていますが、感染予防対策を徹底し、発熱等症状があり、感染が疑われた場合には速やかに医療機関で受診して下さい。
============================
新型インフルエンザの発生について【続報29】
(2009年7月6日)

1.タイの状況
(1)4日、タイ保健省は、新型インフルエンザにより新たに2人(※)の死亡が確認された旨発表しています(死者数の累計は7人)。
   また、本日(6日)現在、新型インフルエンザ感染者の確認数については、累計2,272人である旨発表しています。県別感染者数は、バンコク1,297人、ノンタブリ267人、パトゥムタニ135人、サムットプラカーン127人、ナコンパトム55人、チョンブリ38人、サラブリ32人、ラチャブリ23人、スパンブリ22人、ロップリー21人、プーケット21人、コンケン18人、サムットサコン15人、スラタニー14人、ウドンタニー13人、チェンマイ13人、アユタヤ11人、ナコンナヨック11人、ウボンラチャタニー10人、ナコンラチャシマー9人、プラチュアップキリカーン9人、以下8人 ナコンサワン、ラヨーン、ロイエット、チャチュンサオ7人、カンチャナブリ6人、以下5人 ソンクラー、ブリラム、ルーイ、ナコンシータマラート4人、以下3人 アントーン、サコンナコン、シンブリ、スリン、トラン、ナン、ペチャブリ、ランパン、以下2人 アムナットチャロエン、ウタイタニー、チャイヤプーン、チェンライ、タラッド、ノンカイ、ナコンパノム、ピチット、マハサラカム、ランプーン、以下1人 クラビ


 ※ 死亡が発表された2人の詳細情報(タイ保健省発表)
  ・30歳男性の事例(1日死亡)
   経過:発熱とノドの痛みがあり、バンコク都内の病院にて1週間ほど治療を受けていたものの、肺炎にて死亡。
   肥満体質(身長165cm、体重123kg)が、新型インフルエンザと合併症を引き起こしやすいと言われている。
  ・37歳女性の事例(3日死亡)
   経過:発熱症状を訴え、ラーチャブリー県(タイ西部)の病院で治療を受けていたものの、死亡。

(2)タイ保健省の問い合わせ先等
 ・タイ保健省の新型インフルエンザに関するホームページ(英文)。
  http://beid.ddc.moph.go.th/eng/
 ・新型インフルエンザに関するホットライン(24時間対応。但し、午前8時から午後4時頃までは、英語対応可とのこと。他の時間帯は、タイ語対応のみ)
  保健省疾病対策局 02−590−3333、02−590−1994

2.在留邦人の皆様へのお願い(感染予防対策等)
(1)タイにおいては、6日現在7人の死亡者が出ておりますが、今後も新型インフルエンザの感染者・死亡者が増加していくことが考えられます。在留邦人の皆様には、こうした状況でも今まで通り冷静に、正確な情報を入手するよう努めると共に感染予防対策を徹底し、発熱等症状があり、感染が疑われた場合には速やかに医療機関で受診して下さい。また、タイでは、これから季節性インフルエンザの流行がピークになりますので、予防接種を受けるなどの対応も必要と思われます。

(2)バンコクにおける新型インフルエンザへの病院の対応状況等は、「大使館によくある問い合わせ」に詳細が記載されていますので、御一読下さい。
(http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/birdflu/qa_swineflu.htm)

(3)各自が警戒の意識を高めて状況の変化に対応できるよう感染予防対策に留意することが重要ですので、下記の点に留意し、感染予防に努めて下さい。
(イ)手洗い、うがいを励行する。
(ロ)食料、水、医薬品などの備蓄品を確認する。
(ハ)不要不急の外出を控えること、人混みを避けること、また、人混みにでる場合にはマスクを着用することなども考慮する。
(ニ)発熱や咳などインフルエンザと似た症状がみられた場合には、迷わず医療機関の診療を受けてください。

大使館では、引き続き状況を注視して情報収集に努め、今後、関連情報を迅速に提供していきます。

※ 5月12日、大使館内に緊急対策本部を設置しました。また、新型インフルエンザに関する電話相談窓口(午前8時30分〜午前12時、午後1時30分〜午後5時45分)、メールによる問い合わせ先を以下の通り、設置しておりますので、お問い合わせ、御相談等ございましたら、下記まで御連絡ください。
大使館代表電話:02−207−8500(内線702)
メールアドレス:taishikan.influenza.madoguchi@eoj.or.th

○在タイ日本国大使館領事部(HP:http://www.th.emb-japan.go.jp)
  電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
  FAX :(66-2)207-8511
○在チェンマイ日本国総領事館(HP:http://www.chiangmai.th.emb-japan.go.jp)
  住所:Suite 104-107, Airport Business Park, 90 Mahidol Road,
     T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand
  電話: (66-53) 203367  FAX : (66-53) 203373
○外務省領事局政策課(医療情報)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850 
○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.mofa.go.jp/anzen/
○WHO(世界保健機関)ホームページ:http://www.who.int/en
○厚生労働省ホームページ:http://www.mhlw.go.jp

 

大使館・総領事館情報 | Top